にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

ネット支持率調査、安倍晋三(支持5%、不支持75%、どちらでもない20%)

注意事項

あくまでも個人的な調査であり、データに統計的な有意性はございません。
その点に同意いただいた方のみ本記事をお読みください。

経緯

DNN(ディープニューラルネットワーク)でネガポジ分類器を作っています。

ネガポジ分類器というのは、文章がネガティブかポジティブかを判定する装置です。

人名を検索して、その結果をネガポジ分類器でふるいに掛ければ、その人物に対して好意的に思っている人と否定的に思っている人の割合が出せるかなと思って実験してみました。

調査方法

調査日: 2020年8月8日

Twitterで「安倍晋三」と検索、検索結果から投稿日時が新しい順に100件を抽出。

文章を、「支持・不支持・どちらでもない」に振り分け。

ネット支持率調査、安倍晋三(支持5%、不支持75%、どちらでもない20%)

支持が5%、不支持が75%と極端に偏りました。

安倍晋三」というキーワードで検索したのがまずかったのかな?

安倍晋三さん」「安倍晋三首相」のように書く人はごく少数で、「安倍晋三」と呼び捨てにしている人が多かったです。
そして、呼び捨てにしている時点で安倍晋三氏に敵意むき出しの人が多いですからね。
不支持の比率が高くなるのも当然か。

普通の人は「安倍さん」「安倍ちゃん」「安倍総理」みたいな書き方をする場合が多いかな?

しかし、「安倍さん」で検索すると、安倍総理だけでなく、アイドルやアニメのキャラなんかも検索に引っかかったりするから振り分けが大変なんですよ……

また、今後「河野太郎」「蓮舫」「山本太郎」なんかでも同じ手法で「ネット支持率調査」をする予定です。
「人名はフルネーム敬称なしで」という基準で統一した方が資料としては有用かなと思いまして。

さらに、ツイッターの特性として、全体的にネガティブな意見が多い気がします。
誹謗中傷が横行していて、自殺に追い込まれる人もいるくらいですからね。

ツイッターは悪意の掃きだめ。
そのツイッター上で調査を行った。
この点は十分理解しておいたほうがいいでしょう。

安倍晋三」を支持するツイート(5%)

 

 

 

 

安倍晋三」を不支持のツイート(75%)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページは移転しました。