にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

旧石器時代の石器技術:礫石器から剥片石器への進化

    <!-- more -->

旧石器時代の石器技術:礫石器から剥片石器への進化

礫石器とは

礫石器は、人類が最初に作った最も原始的な道具で、自然石の一部を打ち割って作られた。これらはオルドワン石器とも呼ばれ、約250万年前のエチオピアで発見されたものが最も古い例である。ホモ=ハビリスによって作られたこれらの石器は、人類が「道具」を獲得した証とされている。

ハンドアックス(握斧)

ハンドアックスは、より発達した打製石器で、約175万年前に現れたアシュール石器の一種である。これらは手で握りやすい形に整形され、切る、削る、掘るなど多目的に使用された。ホモ=エレクトゥスによって使用され、肉食の常習化と脳容積の増大に寄与した。

剥片石器

剥片石器は、石核ではなく剥片を利用する高度な石器製造技術である。ムステリアン文化において発達し、ネアンデルタール人の時期に相当する。剥片を打ち出す技術はルヴァロワ技法と呼ばれ、より鋭利な石刃を生み出した。

石刃技法

石刃技法は、ホモ=サピエンス(新人)に属するクロマニヨン人などが使用した高度な石器製造技術で、石の面に連続して打撃を加えて石刃を剥離させる方法である。これは旧石器時代の後期にあたり、オーリニャック文化と呼ばれる。

これらの技術の進化は、狩猟技術の向上に寄与し、農耕・牧畜への移行のきっかけとなった。新石器時代の到来は、打製石器から磨製石器と土器への移行を示している。

このページは移転しました。