にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

ホモ・サピエンスとは?

    <!-- more -->

ホモ・サピエンスとは?

とは、約20万年前にアフリカで進化し、その後ユーラシアへと拡散した現生人類のことです。この学名はラテン語で「知恵ある人」を意味し、人類学上では「新人」とも呼ばれます。かつては人類の進化を単線的に捉えていましたが、現在では多様な種が存在し、進化や絶滅を繰り返してきたと理解されています。

進化の歴史

ホモ・サピエンスは、ホモ・エレクトゥスから進化したホモ・ハイデルベルゲンシスがアフリカ外へ出てネアンデルタール人へと進化した一方で、アフリカに残った集団から発展しました。この「アフリカ単一起源説」は、約20万年前のホモ・サピエンスの進化を支持していますが、最近の発見ではその起源を30万年前に遡る可能性が示唆されています。

特徴と文化

ホモ・サピエンスは額が垂直に近く、大脳の前頭葉が大きくなったことを反映しています。また、眼窩上隆起が小さくなり、顔面が平らになっています。彼らは石刃技法を発達させ、洞穴絵画などの文化を残しました。

現代への影響

ホモ・サピエンスは気象の変動を乗り切り、現在の文明を築きました。他のヒト科ホモ属は絶滅し、ホモ・サピエンスだけが生き残りました。現在地球上に存在する全ての人間は、肌の色や地域に関わらず、ホモ・サピエンスに属します。

ネアンデルタール人との関係

ネアンデルタール人ホモ・サピエンスとは異なる種であり、約4万7千年前から共存していましたが、約4万年前に絶滅しました。ホモ・サピエンスが生き残った理由には、狩猟技術の進歩や気象変化への適応などが考えられています。

このように、ホモ・サピエンスは進化の過程で多くの変化を経てきましたが、その適応能力と技術の発展により、今日の私たちが存在する基盤を築いたのです。

このページは移転しました。