にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

出産育児一時金とは?

    <!-- more -->

出産育児一時金とは?

出産育児一時金は、出産に関わる家計の負担を軽減するために、平成6年に創設された健康保険法に基づく保険給付です。初めて支給された際の金額は30万円でしたが、時間が経つにつれて増額され、平成21年10月には原則として42万円に引き上げられました。そして、令和5年4月からはさらに増額され、50万円が支給されることになりました。

この50万円への増額は、出産費用の年々の増加に対応するためです。厚生労働省のデータによると、令和3年度の出産にかかる費用は、民間クリニックを含む全国平均で一時金の42万円を上回る47万3000円余りでした。この10年間で出産費用は5万円以上増加しており、この増額は出産する家族を支援するための重要なステップとなっています。

このページは移転しました。