にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

【はてなブログ】アクセス元サイトの「hatenablog-parts.com」とは?はてなブログカードの使い方

最近のアクセス傾向 hatenablog-parts.com
最近のアクセス傾向 hatenablog-parts.com

あなたは「はてなブログ」のアクセス解析を使っていますか?

アクセス解析
「アクセス元サイト」に出てくる「hatenablog-parts.com」
これの正体が少しわかりづらい。

これは、はてなブログカードを経由してアクセスがあったことを示しています。

そこで本日は、「hatenablog-parts.com」とは何か?
また、はてなブログカードの使い方について説明します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス元サイトを確認する方法

アクセス元サイトを確認する方法をおさらいしておきましょう。

まずは、ブログ管理画面を開きます。
そして、画面左側にある「アクセス解析」をクリック。

するとアクセス解析画面の中ほどにある「最近のアクセス傾向」で
「アクセス元サイト」が確認できます。

最近のアクセス傾向 hatenablog-parts.com
最近のアクセス傾向 hatenablog-parts.com

はてなブログアクセス解析については以下の記事も参考になります。

u-ff.com

hatenablog-parts.comとは?

アクセス元サイトにある「hatenablog-parts.com」
これの正体を知っていますか?

ブラウザのURL欄にこのアドレスを打ち込んでアクセスしてみます。
すると、「404 Not Found」と表示されます。

hatenablog-parts.com は 404 Not Found
hatenablog-parts.com は 404 Not Found

これだと「hatenablog-parts.com」が何なのかよく分かりません。

実は、「hatenablog-parts.com」というのは
ブログカードのことなんです。

ブログカードというのは以下のような記事へのリンクのことです。

u-ff.com

見たことありますよね?

どのページのブログカードからアクセスがあったのか?

アクセス解析の「アクセス元サイト」に「hatenablog-parts.com」があった場合、
ブログカードをクリックした人が記事を読みにやって来たということが分かりました。

では、どのページに貼られたブログカードからのアクセスなのか?
知りたいですよね。
しかし、残念ながらこれは調べることができません。

アクセスの流れ

ブログカードが設定されたページ
 ↓
hatenablog-parts.com
 ↓
記事ページ

上記のように、ブログカードから記事ページへのリンクは
「hatenablog-parts.com」を中継して転送されるような形になります。
そのため、記事ページからは「hatenablog-parts.com」からアクセスがあったようにしか見えません。

リファラ―(アクセス元)の仕組みとして2つ前のページ(ブログカードのあるページ)がどこなのかは知ることはできないんです。

自分のブログ内を回遊しているのか、誰かのブログで紹介されたのか

はてなのブログカードからのアクセスは大まかに2パターンあります。

  • 自分のブログ内で紹介したパターン
  • 誰かがブログで紹介してくれたパターン

自分でブログカード

自分で記事を書いているときに、関連性の高い記事を取り上げたりしますよね。
たとえば、
「先月はこの記事がバズりました」みたいなレポート記事を書くときは
当然バズった方の記事へリンクを貼ります。

このとき、
こういうリンクの貼り方をすれば、アクセス元は「hatenablog-parts.com」にはなりません。
【はてなブログ】みんなは何文字書いてるの?はてなブロガー文字数調査【659記事を検証】

こういうリンクの貼り方をすると、アクセス元は「hatenablog-parts.com」になります。

u-ff.com

誰かがブログカード

ブログカードは、自分のブログ内の記事だけではなく、
このように自分のブログ以外のページへブログカードを使ってリンクを貼ることもできます。

help.hatenablog.com

逆に、誰かのブログで、あなたのブログへリンクを貼られることもあり得えるんですね。

そして、あなた以外のはてなブロガーが、
あなたのブログをブログカードを使って紹介してくれた時も
アクセス元は「hatenablog-parts.com」になります。

つまり「アクセス元」とはいいつつも
分かるのはブログカードからアクセスがあったということだけ。
実質的にどのページからアクセスがあったのかは結局わからないんです。

Google Analyticsを使っておおまかに判別する

はてなブログカードのリンクから誰かが記事を読みにやってきた。
そのとき、アクセス元は「hatenablog-parts.com」となります。

そして、どのページのブログカードからアクセスがあったのかまでは分かりません。

しかし、自分のサイト内を回遊してくれている(2ページ以上読んでくれている)のか、
誰かのブログで取り上げられてやって来た人がいるのか、
大まかに判別する方法があります。

それは、Google Analyticsで「新規ユーザー」を確認する方法。

Google Analyticsで以下のようにページを開いていくと「参照元/メディア」というものがあります。
1.集客
2.すべてのトラフィック
3.参照元/メディア

GoogleAnalytics 参照元 新規ユーザー
GoogleAnalytics 参照元 新規ユーザー

参照元/メディア」の画面で
「hatenablog-parts.com / referal」という行の「新規ユーザー」という部分の数値を確認しましょう。

ここの数字が0以外だったら
誰かのブログで紹介されて、そのページのブログカードからあなたのブログへやって来た人がいるということになります。

ここの数字が0だったら
ブログカードからやって来た人は全員リピーターです。
つまり、あなたのブログの別のページでブログカードを押した人だと考えていいでしょう。

hatenablog-parts.com からアクセスがあったら喜ぼう

「hatenablog-parts.com」からのアクセスがあれば喜びましょう。

ほとんどのケースは、自分のサイト内を巡回してくている、2ページ以上読んでくれているパターンです。
それ以外のケースは、誰かが自分のブログを紹介してくれているというパターンです。
どちらのパターンでも、あなたの記事を気にいってくれた人がいるということなので大いに喜んでいいでしょう。

逆に、hatenablog-parts.comがアクセス元に表示されていない人。
あなたのブログでは読者が1記事だけ読んで離脱しています。
関連性の高い過去記事があれば積極的におすすめしてみましょう。

1人の読者が2ページ、3ページと記事を読んでくれたら、単純計算でPV(ページビュー)が2倍、3倍と増えます。
また、サイト内での回遊率が高いほど有用なサイトとして認められGoogleの検索順位が上がると言われています。

ブログカードの作り方

はてなブログには「人気記事」や「関連記事」の機能がついています。
しかし、自分でブログを書くときに関連記事を直接おすすめしたほうが読んでもらいやすいです。

そこで、ブログカードの貼り方をおさらいしておきましょう。

記事にURLを貼りつける方法

ブログカードを作るのは簡単です。
記事編集画面で本文を入力する欄にURLを直接貼り付けるだけ。
すると、以下のような画面が出てくるので、
「埋め込み」にチェックを入れて「選択した形式でリンクを挿入」のボタンをクリックしましょう。

埋め込み 選択した形式でリンクを挿入
埋め込み 選択した形式でリンクを挿入

「選択した形式でリンクを挿入」ウィンドウが開かない場合は

「選択した形式でリンクを挿入」ウィンドウの右下に
「URLを貼りつけたときにこのウィンドウを開く」というチェックボックスがあります。

このチェックを外してしまうと
記事編集画面でURLを貼り付けてもウィンドウが開きません。

そんなときは以下のようにURLの後ろに:embedと付け足して [ と ] で囲むとブログカードを作れます。

[https://xxxx:embed]

https://xxxx の部分にはリンクしたい記事ページのURLを入れます)

また、記事編集メニューの「リンク」ボタンをクリックするとリンクウィンドウが開きます。

記事編集メニュー リンクボタン
記事編集メニュー リンクボタン

そこで「URLを貼りつけたときにこのウィンドウを開く」に改めてチェックを入れることもできます。

URLを貼りつけたときにこのウィンドウを開く
URLを貼りつけたときにこのウィンドウを開く

編集サイドバーで簡単に過去記事を貼り付ける

サイドバーの「過去記事貼り付け」機能を使うと、もっと簡単にブログカードの挿入ができます。

記事を書いているときに、編集サイドバーで「+アイコン」を押してみましょう。

サイドバーにメニューを追加
サイドバーにメニューを追加

そこに「過去記事貼り付け」という項目があるのでチェックをONにしましょう。
すると、「歯車アイコン」と「+アイコン」の間に「過去記事貼り付け」のアイコンが現れます。

「過去記事貼り付け」をサイドバーに追加
「過去記事貼り付け」をサイドバーに追加

サイドバーの「過去記事貼り付け」では過去記事の一覧が簡単に探せます。
そして、一覧から選ぶだけで本文中に記事が貼り付けられます。

サイドバー 過去記事を貼り付け
サイドバー 過去記事を貼り付け

まとめ

アクセス元サイトの「hatenablog-parts.com」はブログカードで記事へアクセスがあった証拠。
しかし、どのページのブログカードから来たのかはわからない。

「hatenablog-parts.com」の割合が多い人は
ブログ内で2ページ以上記事を読んでくれている人が多い。

「hatenablog-parts.com」が無い人は
ブログカードを活用して他の記事も読んでもらえるように工夫しよう。

お知らせ

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事は参考になりましたか?
役に立ったという方はブックマークをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

読者登録は以下のボタンから

Twitterでこの記事を書いた人をフォローする場合はこちら

この記事をツイートする場合はこちらからお願いします。

以下の記事たちもおすすめです。

u-ff.com

u-ff.com

u-ff.com