にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

クラボウ、新型コロナウイルスの簡易検査キットで大量に検査するとこうなる

クラボウ新型コロナウイルスの簡易検査キットを発売

クラボウが、「新型コロナウイルスSARS-CoV-2)抗体検査試薬キット」を発売。

1キットで10回分の検査ができる。
お値段は27,500円(税込)。

基本的には医療機関や研究機関向けの商品。
1日1000キットの販売となる予定。

イムノクロマト法で血液中の抗体を調べる。
血液を1滴たらすだけで、新型コロナウイルス感染の有無が15分で分かる。

正診率は95%。

血液1滴15分で新型コロナ高精度判定、専門機関向け検査キット2万5000円で、クラボウ - 週刊BCN+
クラボウ(藤田晴哉取締役社長)は3月12日、「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体検査試薬キット」を発売すると発表した。16日に衛生研究所、臨床検査会社などの研究・検査機関向けに販売を開始する。

精度95%の試薬を使うとどうなる?

3月12日現在、日本国内で620名の新型コロナウイルス感染者が確認されています。

この10数倍の1万人の感染者が日本国内に潜伏していると仮定します。
この状況で検査精度95%の方法で日本人全員に検査を行うとどうなるでしょうか?
計算しやすくするために、日本の人口を1億人に設定します。

感染者を1万人と仮定すると、非感染者は9999万人です。

  • 感染者:1万人
  • 非感染者:9999万人

感染者1万人に95%の精度で検査を行う

感染者1万人に対して95%の精度の検査を行うと、判定結果は以下のようになります。

  • 感染者で陽性と判定される人: 9500人
  • 感染者で陰性と判定される人: 500人

精度が95%だと、5%の人(500人)が、感染しているのに陰性(非感染者)だと判定されてしまいます。

非感染者9999万人に95%の精度で検査を行う

非感染者9999万人に対して95%の精度の検査を行うと、判定結果は以下のようになります。

  • 非感染者で陽性と判定される人: 4,999,500人
  • 非感染者で陰性と判定される人: 94,990,500人

精度が95%だと、5%の人(4,999,500人)が、感染していないにも関わらず陽性(感染者)だと判定されてしまいます。

想定される検査結果の表

陽性 陰性
感染している 9,500 500
感染していない 4,999,500 94,990,500

赤字は、正しい検査結果。
青字は、間違った検査結果。

精度が95%で1億人を検査すると、500万人分に関しては間違った結果が表れます。

現実世界では、感度がx%、特異度がy%、合わせて精度は◯%みたいに判断します。

ニュースソースに「正診率95%」としか書いていなかったので、
今回の計算では感度が95%、特異度が95%、正診率(精度)が95%と仮定しています。

  • 感度: 感染者を正しく陽性と判定する割合(95%、9,500人)
  • 特異度: 非感染者を正しく陰性と判定する割合(95%、94,990,500人)
  • 偽陽性: 非感染者を誤って陽性と判定する割合(5%、4,999,500人)
  • 偽陰性: 感染者を誤って陰性と判定する割合(5%、500人)

陽性反応適中度

陽性反応適中度というのは、陽性と判定された人の内、実際の感染者がどれくらいいるかという指標です。

ここまで、1億人の中に1万人の感染者がいる場合、95%の精度で検査をするとどうなるかを見てきました。

陽性と判定されるのは
9,500人+ 4,999,500人 = 5,009,000人

陽性と判断されるのが5,009,000人いるのに対して、実際の感染者は9,500人しかいないことに注目してください。

割合でいうと0.19%です。

むやみやたらと検査をすると、感染者1人を見つけるために、偽感染者が500人発生することになります。

まとめ

正診率95%というのは、試薬としては、かなり出来が悪いほうです。

1億人の中に1万人程度の感染者がいると仮定した場合、大量に検査をすると、陽性反応が501人見つかってもその中に本物の感染者は1人だけ。
残りの500人は感染してもいないのに陽性反応が出ることになります。

あくまでも簡易検査キットであり、結果はただの参考値でしかないと思った方がよさそうです。

クラボウの検査キットは1日1000キット(1万人分)。
発熱が続いている人など、ある程度コロナ見込みが高い人に絞って検査をすれば、運用上は陽性反応適中度0.19%よりは高くなると思われます。

このページは移転しました。