にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

今日のGoogleトレンド急上昇キーワード(2019年10月20日)

ブログを始めて数か月、毎日1000PV(ページビュー)ずつアクセスがある人気記事もあれば、記事を投稿したその日はアクセスを稼ぐけど2~3日でしぼんでいく記事、初日からアクセスが伸びない不人気記事もあります。

もう少し狙ってヒット記事を書けるようにならんといかんなと思い、検索ボリュームについてしばらく連載します。

2019年10月20日Google検索急上昇ワード

順位 キーワード 検索ボリューム
(トレンド日)
検索ボリューム
(月間)
検索ボリューム
(月間÷30)
1 日本 対 南アフリカ 20万 0 0
2 菊花賞 20万 36,450 1,215
3 ウェールズ 10万 8,910 297
4 グランメゾン東京 10万 63 2
5 ラグビー日本代表 10万 0 0
6 日本ラグビー 5万 13,320 444
7 巨人 5万 605,700 20,190
8 福岡堅樹 5万 2,160 72
9 菊花賞予想 5万 3,240 108
10 五郎丸 2万 24,390 813

表の見方

2位の「菊花賞」を例に表の見方を説明します。

検索ボリューム(トレンド日):20万
検索ボリューム(月間):36,450
検索ボリューム(月間÷30):1,215

菊花賞の普段の検索ボリュームは月間で36,450回。
これを30で割ると1,215回。
1日あたり1,200回程度検索されているキーワードだと分かります。

それがこの日は菊花賞で検索した人が20万人いるということですね。
普段の165倍検索されています。

急上昇ワード

Google急上昇ワードというのは普段の検索数に比べて急激に検索回数が増えたキーワードをGoogleさんがまとめてランキングにしたものです。
この日は「日本 対 南アフリカ」が20万回検索されて1位に輝いています。
もし、同じ日に30万回検索されたワードがあったとしても、それが普段から30万回検索されていたとしたらランキングには入ってきません。

各キーワードの解説

日本 対 南アフリカ

この日はラグビーワールドカップ2019で日本代表vs南アフリカ代表の試合がありました。

普段の検索ボリュームは0なのに、この日は20万回も検索されています。

「日本 対 南アフリカ 」はスポーツの対戦がある時くらいしか使わないフレーズなので普段が0なのは仕方ないかなと思います。

関連語に「ラグビー 日本 南アフリカ 例え」が入っています。
4年前のワールドカップで日本が南アフリカに買った時に大金星・ジャイアントキリングと話題になりました。
どらくらいすごいのかしっくりこない人が例え話を探しているみたいですね。
「高校球児(日本ラグビー)がプロ野球チーム(南ア)に勝つ」みたいな。

「日本 対 南アフリカ」の関連語

日本対南アフリカ
ラグビー 日本 南アフリカ 例え
ラグビー 日本対南アフリカ チケット
ラグビー日本対南アフリカ結果
日本対南アフリカ 熊谷 チケット
ラグビー 日本 南アフリカ 海外メディア
日本対南アフリカ中継
ラグビー 南アフリカ代表 2015
日本対南アフリカ テレビ
日本対南アフリカ配信

菊花賞

菊花賞JRAの競馬、G1レースのタイトルです。

普段もぼちぼち検索されていますが、レース当日に急激に検索数が増えるのは当然といえます。

今年は武豊騎手が乗るワールドプレミアが菊花賞を制覇しました。
優勝賞金は1億1500万円。

菊花賞の過去のレースをまとめたり、勝馬を予想すれば毎年レース前後はアクセス数が増えそうです。

菊花賞の関連語

菊花賞 結果
菊花賞 過去
菊花賞 距離
菊花賞予想
菊花賞 予想
菊花賞 2019 予想
菊花賞 いつ
菊花賞 2019 出走馬
菊花賞 2019 日程

ウェールズ

ウェールズラグビーワールドカップの影響でしょうね。
フランスに勝ってベスト4入りを果たしました。

負けた方のフランスはトレンド入りしていません。

ウェールズの関連語

ウェールズ国歌
ウェールズ イングランド
ウェールズ ラグビー
ウェールズ 独立
ウェールズ
ウェールズ ランド マーク
ウェールズ スコットランド
ウェールズとは
ウェールズ オーストラリア

グランメゾン東京

グランメゾン東京はキムタク主演のテレビドラマです。

最近のドラマにしては珍しく、漫画原作や小説のドラマ化ではなく、ドラマ用に書き下ろしたオリジナルドラマです。

世の中に存在しなかったものなので元々の検索ボリュームはほぼゼロ。
ドラマが放送開始されたことで急上昇しています。
ドラマの放送期間が終わったら検索数は急激に落ちこむと思われます。

グランメゾン東京の関連語

グランメゾン東京ドラマ
グランメゾン東京ツイッター
グランメゾン東京見逃し
グランメゾン東京動画
グランメゾン東京感想
グランメゾン東京ロケ地
グランメゾン東京あらすじ
グランメゾン東京視聴率
グランメゾン東京再放送

ラグビー日本代表

ラグビー日本代表」というキーワード、この日は検索数が10万と急上昇していますが、普段の検索ボリュームはゼロ。

みんな普段はラグビーに全く興味がなかったけど、日本代表のワールドカップ快進撃で急激に注目を集めたというのが分かります。

ラグビー日本代表の関連語

ラグビー日本代表 監督
ラグビー日本代表監督
ラグビー 日本 代表 キャプテン
ラグビー日本代表 外国人
ラグビー 日本代表 メンバー 予想
ラグビー 日本代表 試合
ラグビー日本代表 合宿
ラグビー 日本 代表 背番号
ラグビー日本代表メンバー2019
ラグビー日本代表候補

日本ラグビー

ラグビー日本代表」よりも「日本ラグビー」という言い回しの方が普段の検索数は多いみたいです。
ワールドカップ効果で「ラグビー日本代表」のワードも今後は一定数の検索ボリュームをキープするかも。

既存のラグビーファンは年齢層が高めなので、ブログとか詳しくないと思われます。
今なら世界一詳しいラグビーのファンブログをつくれば勝ち組になれる。

日本ラグビーの関連語

日本 ラグビー ランキング
ラグビー 試合
ラグビー 日本 代表 監督
日本ラグビー協会
日本ラグビー
ラグビー日本代表メンバー2019
ラグビー 日本代表 試合
ラグビー日本代表 合宿
ラグビー 日本 代表 チケット
ラグビー 日本 代表 背番号

巨人

普段の検索ボリュームは、他のランク入りしたキーワードに比べて「巨人」がダントツで高い。
日常的に1日2万回も検索されています。
それがこの日は2万回から5万回にボリュームアップ。

日本シリーズや引退・ドラフトなどの去就がらみでしょうね。

野球のように毎日試合があるスポーツは普段から検索ボリュームが強いですね。

巨人の関連語

巨人 チケット
巨人ドラフト
ジャイアンツ速報 まとめ
巨人 日刊
カープ一球速報
プロ野球 試合終了時間
読売 新聞 プロ 野球 選手 名鑑
巨人 マジック
巨人 ヒーローインタビュー 今日

福岡堅樹

福岡堅樹(ふくおかけんき)はラグビー日本代表のメンバーの1人。
2020年の東京オリンピック7人制ラグビーの代表を目指しているようですが、その後はラグビーを引退、医学の道へ進むことを希望しています。

福岡選手は、1992年9月7日生まれの現在27歳。
パナソニックワルドナイツというチームに所属する社会人です。

これから医学部を受験するところからのスタートになります。

「福岡堅樹」の関連語に「ラグビー」が入っていません。
「福岡堅樹」で検索する人は既に福岡堅樹がラグビー選手だということを知っている状態。
だから検索欄にいちいち「ラグビー」とは打ち込まないということでしょう。

福岡堅樹の関連語

福岡堅樹ツイッター
福岡堅樹ピアノ
福岡堅樹オリンピック
福岡堅樹背番号
福岡堅樹引退
福岡堅樹 100m
福岡堅樹兄弟
福岡堅樹医師
福岡堅樹選手

菊花賞予想

これも競馬ワードですね。

急上昇ワードとして菊花賞で2位、菊花賞予想で9位に入っています。

菊花賞予想の関連語

菊花賞 結果
菊花賞予想
菊花賞 予想オッズ
菊花賞 2019 出走予定
菊花賞予想最新
菊花賞 予想 芸能人
菊花賞 2019 日程
菊花賞 2019 出走馬
菊花賞 2018 結果
菊花賞 2019 予想

五郎丸

五郎丸もラグビー関連ワード。
五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)、1986年3月1日生まれの33歳。
ラグビーワールドカップ2019では日本代表に選出されませんでしたが現役でラグビーは続けています。
ヤマハ発動機所属。

五郎丸の関連語

五郎丸歩
五郎丸亮
五郎丸ポーズ
五郎丸なぜ
五郎丸 住まい
五郎丸歩 引退
五郎丸 逗子
五郎丸 今
五郎丸年齢

まとめ

どういうワードが普段から検索されているのか、どういうワードが急上昇するのか、感覚をつかむためにこういう記事を日報的な感じで毎日書こうかと思います。

今日の総評としては

  • 巨人は普段から検索ボリュームが大きい
  • 菊花賞は1年周期で検索ボリュームが増える
  • ラグビー関連は今後も4年周期でボリュームが増えそう(オリンピックでもたぶん注目されるはず)
  • ドラマはたぶん一時的、放送開始日よりも前にネタを仕込んでおけばアクセスは稼げたかも

このページは移転しました。


はてなブックマークまとめ

はてなブックマークの仕組みや新着エントリーの傾向分析まで、ブロガーなら知っておくべき情報をまとめました。

ぜひ、ご一読ください。

はてなブックマークまとめ

このページは移転しました。


301リダイレクトが使えないときにJavascriptでページを転送する方法

ブログをやっているとページをリダイレクト(転送)したくなることがあります。

たとえば、

  1. サイトを移転したとき
  2. ページのURLを書き換えたとき

リダイレクトとは

リダイレクトとは転送のことです。
あるページを開いたときに、別のページに読者を転送します。

リダイレクトが必要なとき

URLを変更した場合はリダイレクトを設定します。
「リダイレクトしない」という選択肢もありますが、基本的にはリダイレクトは設定しておいた方がいいです。

サイトを移転した場合

リダイレクトが必要なパターン、1つ目。
サイト単位でのリダイレクト。

たとえば、「はてなブログ」から「WordPressワードプレス)」にブログを丸ごと移転したので、旧サイトにアクセスした読者を新サイトに移行させるような場合です。

これらの古いURLへアクセスがあった場合に、リダイレクトを設定しておくとユーザーを新サイトへ移動させることができます。

記事のURLを変更した場合

リダイレクトが必要なパターン、2つ目。
ページ単位でのリダイレクト。

上記のような日本語でURLを書いたら、Twitterなどでシェアしたときに以下のような難解なURLに変換されてしまいます。

  • https%3A%2F%2Fu-ff.com%2F301%E3%83%AA%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%8C%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%ABjavascript%E3%81%A7%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%92%E8%BB%A2%E9%80%81%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95%2F

見栄えが悪いのでシンプルなURLに書き換えたい。
しかし、URLを書き換えてしまうと旧URLにアクセスがあったときに404 Not Foundになってしまいます。

Twitterで既にシェア済みで、リツイートも付き始めていたらURLを書き換えるのは少しためらいます。
そんなとき、URLを変更しつつリダイレクトの設定をすれば、旧URLにアクセスがあった場合も404 Not Foundにせずに、新しいURLへユーザーを移動させることができます。

リダイレクトを設定する方法

リダイレクトにはいくつかやり方があります
方法は主に以下の3つ。

  1. 301リダイレクト、302リダイレクト
  2. Javascriptでリダイレクト
  3. meta refreshでリダイレクト

301リダイレクト、302リダイレクト(htaccess)

htaccessというファイルに転送元のURL・転送先のURLをセットで書くと、転送元のURLにアクセスしてきた読者を、転送先のURLへ強制的に移動させることができます。

301リダイレクトは恒久的な転送で、302リダイレクトは一時的な転送。

3つの選択肢の中では、htaccessを使うのが最も良い方法です。

しかし、サーバー側での設定が必要となるため、はてなブログなどのブログサービスでは使えません。

本記事の趣旨が「301リダイレクトが使えないときにJavascriptでページを転送する方法」なので、301リダイレクトの具体的な書き方は省略します。

Javascriptでリダイレクト

Javascriptを使えば、はてなブログなどのブログサービスでもリダイレクトの設定ができます。

設定はものすごく簡単。
下記のようなコードをブログに貼り付けるだけです。

<script> var url1 = 'https://jikkenexp.hatenablog.com'; var url2 = 'https://u-ff.com'; if(location.href.startsWith(url1)){ location.href = url2; } </script>

url1のところに転送元のURL、url2のところに転送先のURLを書きます。

meta refreshでリダイレクト

htmlのhead内にmeta refreshというのを設定するとリダイレクトができます。

しかし、これはGoogle非推奨のやり方です。
場合によっては、不正に被リンク数を水増ししていると判断されてGoogleの検索結果で順位を下げられる可能性があります。

meta refreshはオススメしないので具体的な設定方法については説明を省略します。

Javascriptを使ったリダイレクトについて詳しく

はてなブログを例にして、Javascriptを使ったリダイレクトの仕方をより詳しく見ていきましょう。

ページ単位でのリダイレクト、その1

サイトを移転した場合にページ単位でリダイレクトする方法を説明します。

転送元:https://jikkenexp.hatenablog.com/entry/twitter-links
転送先:https://u-ff.com/twitter-links

転送元のページに以下のコードを書き込みます。

<script> var url1 = 'https://jikkenexp.hatenablog.com/entry/twitter-links'; var url2 = 'https://u-ff.com/twitter-links'; if(location.href.startsWith(url1)){ location.href = url2; } </script>

どこに書き込むかというと記事の本文です。

転送元のはてなブログで記事編集画面を開き、上記のコードを書き込みます。

はてなブログ 記事編集画面

はてなブログ 記事編集画面

これを全部の記事に対して行います。

url1とurl2の部分は、その都度適切な転送元・転送先のURLに書き換えます。

ページ単位でのリダイレクト、その2

サイトは移転していないけれど、URLを書き換えた場合。

  • links-twitterというスラッグ(URL)で記事を公開しちゃったけど、twitter-linksに変更したい。
  • 日本語URLにしちゃったけど、英語URLに変更したい。

そういうケースです。

転送元:https://jikkenexp.hatenablog.com/entry/links-twitter
転送先:https://jikkenexp.hatenablog.com/entry/twitter-links

links-twitterというURLで記事が既に公開済みだとします。

まずは、links-twitterの記事は残したまま、新しくtwitter-linksというURLで記事を作成します。
このとき、twitter-links(新記事)にはlinks-twitter(旧記事)の本文をそっくりそのままコピーします。

そして、links-twitter(旧記事)の記事編集画面で、本文の先頭に以下のコードを書き込みます。

<script> var url1 = 'https://jikkenexp.hatenablog.com/entry/links-twitter'; var url2 = 'https://jikkenexp.hatenablog.com/entry/twitter-links'; if(location.href.startsWith(url1)){ location.href = url2; } </script>

旧記事の中身は、「上記コードだけ」にしてもOKですし、「上記のコード+元々あった文章」にしてもOKです。

これを設定しておけばSNSや検索結果などからlinks-twitterにやってきた読者は、twitter-linksというページに転送されます。

サイト単位でのリダイレクト

はてなブログ 管理画面 設定>詳細設定

はてなブログ 管理画面 設定>詳細設定

はてなブログ 管理画面 headに要素を追加

はてなブログ 管理画面 headに要素を追加

はてなブログの管理画面で、
設定 > 詳細設定 > headに要素を追加
の部分に以下のコードを書き込みます。

<script> var url1 = 'https://jikkenexp.hatenablog.com'; var url2 = 'https://u-ff.com'; if(location.href.startsWith(url1)){ location.href = url2; } </script>

url1には旧サイトのトップページのURL、url2には新サイトのトップページのURLを設定します。

これを行うと、古いほうのサイトではトップページ・記事ページ・カテゴリーページなど、どのページを開いても新しいサイトのトップページに転送されます。

記事ごとに個別にリダイレクト設定をしなくても済むのがメリットです。

しかし、転送先が新サイトのトップページとなってしまうので、読者が本来読みたかった記事のページを見失ってしまうというデメリットがあります。

(サイト単位でリダイレクトを一括設定をしつつも、個別の記事ページへ転送させる方法もあるのですが、説明が長くなるので省略します。)

まとめ

Javascriptを使うと、「はてなブログ」などサーバーの設定を個人で変更できないブログサービスでも、読者を新ページへ転送することができます。

サイト移転時など、たまにしか使わないスキルなのでやり方を忘れてしまいがちですが、こういうものがあることだけは知っておきましょう。

はてなブログユーザーの方は、こちらのリンク集もご活用ください。

はてなブログの小ネタ・便利技まとめ
はてなブログの基礎から応用まで、使える技をまとめました。 はてなブログの小ネタ・便利技まとめ はてなブログのアクセス解析、最近のアクセス傾向って何? 「続きを読む」の使い方 はてなブログとTwitterの連携 ...

このページは移転しました。


ブログサークル、片思い・片思われチェックツール

ブログサークルとは?

ブログサークルとは、「人気ブログランキング」が運営するブロガー専用のSNSです。

ブログサークル | ブログにフォーカスしたSNS
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブログサークル、片思い・片思われとは?

ブログサークルでは、Twitterツイッター)など他のSNSと同様に、気に入ったユーザーをフォローする機能があります。

フォローしたり・フォローされたりするうちに、誰をフォロー済みで、誰をまだフォローしていないのか分からなくなってしまうことがあります。
そんな人のために、ブログサークル専用の片思い・片思われをチェックするツールを作成しました。

片思い

自分は相手をフォローしているが、相手は自分をフォローしていない状態。

片思われ

相手からはフォローされているが、自分は相手をフォローしていない状態。

ブログサークル、片思い・片思われチェックツールの使い方

ブログサークル プロフィール画面

ブログサークル プロフィール画面

  1. まずは、ブログサークルのプロフィール画面で自分のブログサークルIDを確認しましょう。
    名前の上に表示されている英数字がブログサークルIDです。
  2. 本ページの次の項に入力フォームがあります。
    ブログサークルIDを入力欄に打ち込み、「実行」ボタンをクリックします。
  3. すると、あなたの片思い・片思われユーザーの一覧が画面に表示されます。
    古いものが先頭、新しいものが末尾の順に並びます。

ブログサークル、片思い・片思われチェックツール



片思い

ここに片思い中のユーザーが一覧表示されます。

片思われ

ここに片思われ中のユーザーが一覧表示されます。

このページは移転しました。


人気ブログランキング、おすすめカテゴリーの一覧

ブログ村に続いて、人気ブログランキングでもOUTが発生しやすいおすすめカテゴリーのランキングを作成しました。

ブログ村のおすすめカテゴリーランキングはこちら

ブログ村、サブカテゴリーおすすめランキング
ブログ村、カテゴリーは重要 ブログ村には11,415個ものサブカテゴリーがあります。 そして、カテゴリーにはOUTが発生しやすいもの、OUTが発生しにくいものがあります。 (OUTというのはブログ村からブログへの流入。ブログのアクセス...

人気ブログランキング、カテゴリー選びは重要

日本ブログランキングでは4,523個のカテゴリーがあります。

カテゴリーによって参加者・閲覧者が多くOUTが発生しやすいものがあります。
たとえば、スポーツカテゴリーで1位~50位にランクインしているブログは平均して169,431の週間OUTポイントを獲得しています。
週に約17,000人、1日あたりに直すと2,400人の読者が人気ブログランキングからブログにやってくる計算です。

OUTポイントというは、人気ブログランキングからブログにどれだけのアクセスがあったかを計測したもの。
1アクセスにつきOUTポイントが10もらえます。

反対に、ほとんど見ている人がいない、登録してもOUTがまったく増えないカテゴリーもあります。

全4,523個の検証、実際にOUTポイントが多く発生しているカテゴリーを順位付けしました。
カテゴリー選びの参考になさってください。

用語の解説

OUT平均:
1位~50位の週間OUTポイントの平均値です。
この数値が高いほどアクセスアップがしやすいカテゴリーといえます。

IN平均:
1位~50位の週間INポイントの平均値です。
この数値が高いほどブログ村のランキングで上位を取るのが難しいといえます。

OUT/IN比:
OUT平均をIN平均で割った数字です。
この数値が高いと、少ないINポイントでランキング上位が狙える割にアクセスアップの効果が大きいことを意味します。
つまり、効率よくアクセスアップが見込めます。

50位INポイント:
週間INポイントがいくらあれば50位に入れるか(1ページ目に掲載されるか)という数字です。
ランキング参加ブログ数が50個以下のカテゴリーは最下位ブログの週間INポイントを表示してあります。

文字数が多くなったので、人気ブログランキングおすすめカテゴリーの一覧表は2ページ目に分割しました。

ブログ村・日本ブログランキングまとめ
ブログ村を活用してアクセスアップを狙う方法のまとめです。 ブログ村へ登録する方法から、カテゴリーを選ぶ際に何を見ればいいのか、実際にどのメインカテゴリー・サブカテゴリーを選ぶとアクセス増が期待できるのかまで。 これらの情報を網羅的に...

このページは移転しました。