にゃん分間待ってやる

「文章の書き方」や「アクセスアップ」などブログ運営のテクニックを解説。

GAS(Google Apps Script)、ショートカットキーまとめ

    <!-- more -->

GASGoogle Apps Script)のコードエディターで使うショートカットキーを一覧にまとめました。

GAS、よく使うショートカットキー

とりあえず以下の10種類を覚えておけばコーディングがはかどります。

  1. 保存     : Ctrl + S
  2. 実行     : Ctrl + R
  3. コピー    : Ctrl + C
  4. ペースト   : Ctrl + V
  5. カット    : Ctrl + X
  6. 検索     : Ctrl + F
  7. 置換     : Ctrl + H
  8. 元に戻す   : Ctrl + Z
  9. やり直し   : Ctrl + Y
  10. コメントアウト: Ctrl + /

ほとんどのショートカットは、他のソフトと共通する一般的なものです。

Ctrl + R」=「実行」は、覚えておくと生産効率が劇的に向上します。
RはRunの頭文字です。

GAS、移動系のショートカットキー

行を丸ごと移動したり、カーソルの位置を移動するときのショートカットです。

  1. インデント(右)       : Tab
  2. インデント(左)       : Shift + Tab
  3. 行を移動(上)        : Alt + ↑
  4. 行を移動(下)        : Alt + ↓
  5. 単語単位でカーソルを移動(左): Ctrl + ←
  6. 単語単位でカーソルを移動(右): Ctrl + →
  7. 行番号へジャンプ       : Ctrl + G

GAS、覚えておくと役立つショートカットキー

たまにしか使わないけど、覚えておくと便利なショートカットです。

  1. すべて選択          : Ctrl + A
  2. ブレークポイントを設定    : Ctrl + B
  3. ログの表示          : Ctrl + Enter
  4. コンテンツアシスト(入力補完): Ctrl + Space

ショートカットキーの解説(よく使うもの)

保存(Ctrl + S)

GAS、プロジェクトを保存(Ctrl + S)

GAS、プロジェクトを保存(Ctrl + S)

Ctrl + S」でコードを「保存」します。

ツールバーにある「プロジェクトを保存」ボタンを押すのと同じです。

実行(Ctrl + R)

GAS、実行(Ctrl + R)

GAS、実行(Ctrl + R)

Ctrl + R」でコードを「実行」します。

ツールバーにある「選択した機能を実行」ボタンを押すのと同じです。

実行時に保存は不要

実行」をすると、自動的にコードの「保存」&「実行」が行われます。
実行」の前に自分で「保存」をする必要はありません。

Ctrl + S」「Ctrl + R」のように押さなくても、「Ctrl + R」だけでOK。

元に戻す(Ctrl + Z)

GAS、元に戻す(Ctrl + Z)

GAS、元に戻す(Ctrl + Z)

誤った操作をしたときに、1つ前の状態に戻りたい場合は、「Ctrl + Z」を押します。

ツールバーにある「コードの編集を元に戻す」ボタンを押すのと同じです。

Ctrl + Z」を複数回押すと、何段階も前の状態にさかのぼることができます。

やり直し(Ctrl + Y)

GAS、やり直し(Ctrl + Y)

GAS、やり直し(Ctrl + Y)

Ctrl + Z」を何度も押して巻き戻し過ぎた場合は、「Ctrl + Y」を押すと1つ次の状態になります。
(「Ctrl + Y」1回で、「Ctrl + Z」1回分を取り消せる)

ツールバーにある「コードの編集をやり直す」ボタンを押すのと同じです。

検索(Ctrl + F)

GAS、検索(Ctrl + F)

GAS、検索(Ctrl + F)

Ctrl + F」を押すと、検索窓が開きます。

検索」欄に文字を打ち込んで「Enter」を押すと、コード内をテキスト検索できます。

Enter」を1回押すたびに、次の一致箇所が表示されます。
Shift + Enter」を1回押すたびに、前の一致箇所が表示されます。

置換(Ctrl + H)

GAS、置換(Ctrl + H)

GAS、置換(Ctrl + H)

Ctrl + H」を押すと、「検索・置換窓」が開きます。

たとえば、「検索」欄に「myFunction」、「置換」欄に「myFunc」と入力して「Enter」を押すと、コード内の「myFunction」が「myFunc」に書き変わります。

Enter」を1回押すたびに、コード内を1か所ずつ置換していきます。
Ctrl + Alt + Enter」を押すと、コード内のすべての箇所を一括置換できます。

コピー(Ctrl + C)

範囲選択をせずに「Ctrl + C」を押すと、現在カーソルがある行の「行ごとコピー」ができます。

範囲選択をして「Ctrl + C」を押すと、選択範囲のみ「コピー」されます。

ペースト(Ctrl + V)

GAS、コピー&ペースト(Ctrl + C、Ctrl + V)

GAS、コピー&ペースト(Ctrl + C、Ctrl + V)

Ctrl + V」を押すと、コピーまたはカットしたテキストを「ペースト」できます。

範囲選択をせずに「Ctrl + C」「Ctrl + V」と続けて押すと、現在カーソルがある行を丸ごと複製できます。

カット(Ctrl + X)

GAS、カット(Ctrl + X)

GAS、カット(Ctrl + X)

範囲選択をせずに「Ctrl + X」を押すと、現在カーソルがある行の「行ごとカット」ができます。

範囲選択をして「Ctrl + X」を押すと、選択範囲のみ「カット」されます。

範囲選択をせずに「Ctrl + X」を何度も押せば、どんどん行を削除できます。

コメントアウト(Ctrl + /)

GAS、コメントアウト(Ctrl + スラッシュ)

GAS、コメントアウト(Ctrl + スラッシュ)

範囲選択をせずに「Ctrl + /」を押すと、現在カーソルがある行を「コメントアウト」できます。
もう1度「Ctrl + /」を押すと、「コメントアウトの解除」ができます。

範囲選択をして「Ctrl + /」を押すと、複数行をまとめて「コメントアウトコメントアウト解除」ができます。

ショートカットキーの解説(移動系)

インデント(右)(Tab)

Tab」キーでインデントが右に1つずれます。

GASのインデントはスペース2つです。

GAS、インデント(右)(Tab)

GAS、インデント(右)(Tab)

上記は、「Logger.log(‘hello world’)」の行で「Tab」キーを押し、インデントを増やした状態です。

インデント(左)(Shift + Tab)

Tab」キーでインデントが左に1つずれます。

GAS、インデント(左)(Shitf + Tab)

GAS、インデント(左)(Shitf + Tab)

上記は、「Logger.log(‘hello world’)」の行で「Shift + Tab」キーを押し、インデントを減らした状態です。

行を移動(上)(Alt + ↑)

Alt + ↑」を押すと、行をまるごと1つ上の行に移動します。

GAS、行を移動(上)(Alt + ↑)

GAS、行を移動(上)(Alt + ↑)

上記は、「Logger.log(‘hello world’)」の行で「Alt + ↑」キーを押した場合です。

行を移動(下)(Alt + ↓)

Alt + ↓」を押すと、行をまるごと1つ下の行に移動します。

GAS、行を移動(下)(Alt + ↓)

GAS、行を移動(下)(Alt + ↓)

上記は、「Logger.log(‘hello world’)」の行で「Alt + ↓」キーを押した場合です。

単語単位でカーソルを移動(左)(Ctrl + ←)

Ctrl + ←」キーを押すと、「単語単位」でカーソルを左に移動できます。

たとえば、「Logger.log(‘hello world’)」の行で「Ctrl + ←」を複数回押すと、
「⑧Logger⑦.⑥log⑤(‘④hello ③world②’)①」のように、①~⑧のポイントに順次カーソルが移動します。

単語単位でカーソルを移動(右)(Ctrl + →)

Ctrl + →」キーを押すと、「単語単位」でカーソルを右に移動できます。

たとえば、「Logger.log(‘hello world’)」の行で「Ctrl + →」を複数回押すと、
「①Logger②.log③(‘④hello⑤ world⑥’)⑦」のように、①~⑦のポイントに順次カーソルが移動します。

行番号へジャンプ(Ctrl + G)

GAS、行番号へジャンプ(Ctrl + G)

GAS、行番号へジャンプ(Ctrl + G)

Ctrl + →」を押すと、
移動先の行番号を1~◯の範囲で入力してください」と表示されます。

数値を入力すると、その行にカーソルが移動します。

デバッグ中に「◯行目でエラーがあります」みたいな状態になったときに、指定行をすぐ表示できるので便利です。

ショートカットキーの解説(その他)

すべて選択(Ctrl + A)

GAS、すべて選択(Ctrl + A)

GAS、すべて選択(Ctrl + A)

Ctrl + A」を押すと、エディタ内のすべての文字を範囲選択できます。

コードの全行を一括でコピーしたり削除するときに使います。

ブレークポイントを設定(Ctrl + B)

GAS、ブレークポイントを設定(Ctrl + B)

GAS、ブレークポイントを設定(Ctrl + B)

Ctrl + B」を押すと、現在カーソルがある行に「ブレークポイント」が設定されます。

ブレークポイントが設定された行の左側には◯印が付きます。

ブレークポイントデバッグで使います。

ログの表示(Ctrl + Enter)

GAS、実行ログの表示/非表示(Ctrl + Enter)

GAS、実行ログの表示/非表示(Ctrl + Enter)

Ctrl + Enter」で「実行ログ」の「表示/非表示」を切り替えられます。

ツールバーにある「実行ログ」ボタンを押すのと同じです。

ただし、エディターがアクティブな状態で「Ctrl + Enter」を押すと「改行」されてしまいます。
エディタの外を一旦クリックしてから「Ctrl + Enter」を押すなどの工夫が必要です。

しかし、それならば「実行ログ」のボタンをクリックした方が手っ取り早いので、「Ctrl + Enter」を使う機会はほとんどないでしょう。

コンテンツアシスト(入力補完)(Ctrl + Space)

GAS、コンテンツアシスト(入力補完)(Ctrl + Space)

GAS、コンテンツアシスト(入力補完)(Ctrl + Space)

Ctrl + Space」を押すと、キーワード候補が表示されます。

たとえば、「l」(エル)とだけ入力すると、

  • let
  • LanguageApp
  • LinearOptimizationService
  • LockService
  • Logger

などが候補に表示されます。

「Logger」か「Loger」か、みたいな細かいスペルを覚えなくても機能にアクセスできるので便利です。

アルファベットを入力するだけでキーワード候補は表示されるのですが、何かの拍子にキーワード候補の表示が消えてしまうことがあります。
その場合に、「Ctrl + Space」を押すと、再度キーワード候補が表示されます。

まとめ

GASショートカットキーの一覧。

  1. 保存             : Ctrl + S
  2. 実行             : Ctrl + R
  3. コピー            : Ctrl + C
  4. ペースト           : Ctrl + V
  5. カット            : Ctrl + X
  6. 検索             : Ctrl + F
  7. 置換             : Ctrl + H
  8. 元に戻す           : Ctrl + Z
  9. やり直し           : Ctrl + Y
  10. コメントアウト        : Ctrl + /
  11. インデント(右)       : Tab
  12. インデント(左)       : Shift + Tab
  13. 行を移動(上)        : Alt + ↑
  14. 行を移動(下)        : Alt + ↓
  15. 単語単位でカーソルを移動(左): Ctrl + ←
  16. 単語単位でカーソルを移動(右): Ctrl + →
  17. 行番号へジャンプ       : Ctrl + G
  18. すべて選択          : Ctrl + A
  19. ブレークポイントを設定    : Ctrl + B
  20. ログの表示          : Ctrl + Enter
  21. コンテンツアシスト(入力補完): Ctrl + Space

このページは移転しました。

砂糖と塩を間違える人へ

    <!-- more -->

砂糖と塩を間違える人へ

ドラマやアニメなどで登場する、料理が下手なことを表す代表的な演出として
「砂糖と塩を間違える」
というのがあります。

現実世界でも、やっちゃう人はいるみたいですね。
そういう人は、砂糖の代わりに三温糖を使うのがおすすめです。

三温糖は少し茶色がかった色がついているので、塩と間違えずにすみます。

上白糖と三温糖の違い

白い砂糖(上白糖)と三温糖の原料は同じです。
ろ過して上澄みだけを取り出すと上白糖、
残った部分が三温糖

ちょっと違うけど、白米と玄米の関係に似ています。
そのまんまが玄米。
茶色いところを取り除くと白米。

栄養価は、三温糖の方がややミネラルが多いです。

このページは移転しました。

iPhoneやAndroidで緊急速報をオフにする方法

    <!-- more -->

iPhoneで緊急速報をオフにする方法

  1. 「設定」>「通知」>「緊急速報」を開く
  2. 「緊急速報」と「常に警報音を鳴らす」をオフにする

上記の操作で、緊急速報をオフにできます。

「常に警報音を鳴らす」だけをオフにすれば、
マナーモードのときに音が鳴らなくなります。
オンにすると、マナーモードでも関係なしに爆音が鳴ります。

Androidで緊急速報をオフにする方法

  1. 「設定」>「アプリと通知」>「詳細設定」>「緊急速報メール」を開く
  2. 「緊急速報メールの許可」をオフにする

上記の操作で、緊急速報をオフにできます。

「緊急速報メールの許可」をオンにして、
「常に最大音量で通知音を鳴らす」をオフにすれば、
サイレントモードやマナーモードなどの音量設定に従うようにできます。

Androidのバージョンによっては、微妙に設定画面が違う可能性があります。

神奈川県で緊急速報を大量に送り付ける被害が発生

2022年1月16日のトンガ大噴火で、神奈川県だけ、緊急速報を600回も鳴らしています。

しかも、夜中だったため、眠れないという苦情が殺到しています。

2020年5月、神奈川県の前科

神奈川県は、2020年5月に、
まったく緊急ではない、ただのお知らせを、
緊急速報で送り付けた前科もあります。

まとめ

同じ通知が何度もきて困った場合は、
スマホの設定により、緊急速報を受信しないように変更することが可能です。

緊急速報をオフにした場合は、
翌日にはオンに戻すことをおすすめします。

ずっとオフにしたままだと、本物の緊急時に対処できないので。

このページは移転しました。

GAS(Google Apps Script)の始め方

    <!-- more -->

GASGoogle Apps Script)の「初歩の初歩」。

プロジェクトを作成して、画面に「hello world」とテキストを表示させます。

Google Apps Scriptのプロジェクトを作成する

Google Apps Scriptへアクセス

Google Apps Scriptのホーム画面を開きます。

Googleにログインしていない場合は、ログインしてください。

新しいプロジェクト

GAS、ホーム

GAS、ホーム

上記がGASGoogle Apps Script)のホーム画面です。

新しいプロジェクト」をクリックしましょう。

無題のプロジェクト

GAS、無題のプロジェクト

GAS、無題のプロジェクト

無題のプロジェクト」というのが開き、上記のような画面になります。

コード欄には

function myFunction() {

}

と表示されています。

hello worldと表示するコード

function myFunction() {

}

の中に、

Logger.log('hello world')

と書きましょう。

Logger.log()というのは、画面に文字を表示するための機能。

hello worldの部分は画面に表示させる文字です。
文字の前後に‘(クォーテーション)が必要、hello worldの文字は好きなように変更してもOKです。

プロジェクトを保存(Ctrl + S)

GAS、プロジェクトを保存(Ctrl + S)

GAS、プロジェクトを保存(Ctrl + S)

コード.gs」の左側に◯があるのは、コードが保存されていないときです。

プロジェクトを保存」のアイコンをクリックするとコードを保存できます。

キーボードで「Ctrl + S」のショートカットを押してもコードを保存できます。

コードを実行する(Ctrl + R)

GAS、実行(Ctrl + R)

GAS、実行(Ctrl + R)

実行」アイコンをクリックすると、コードが実行されます。

つまり、
Logger.log(‘hello world’)
が実行されます。

その結果、画面の下側に「実行ログ」として
hello world
と表示されました。

hello world以外の文字を表示してみる

GAS、Logger.log()

GAS、Logger.log()

Logger.log(‘hello world’)
の部分を
Logger.log(‘あいうえお’)
に書き換えると、
実行ログ」の部分に「あいうえお」と表示されます。

まとめ

Google Apps Scriptのホーム画面から、「新しいプロジェクト」を作成できます。

プロジェクトを開いたら、

function myFunction() {
   Logger.log('xxx')
}

というコードを書き、保存、実行すると、
実行ログ」にxxxと表示されます。

以上、プログラムの基本、画面にテキストを表示する方法の解説でした。

このページは移転しました。

パスタ再沸騰後は火を止めてOK

    <!-- more -->

パスタ再沸騰後は火を止めてOK

パスタがアルファ化するのは90度前後、ゆでるときにぐつぐつと沸騰させ続ける(100度を維持する)必要はありません。

アルファ化というのは、水分と過熱によってデンプンを人間が消化吸収できる状態に変化させること。
要するに、カリカリの乾燥パスタを、モチモチの生パスタのような状態に生き返らせることです。

お湯を沸騰させる

パスタ投入

お湯を再沸騰させる

再沸騰したらお湯を止めて放置

全体のゆで時間は約10分(パッケージに記載された時間)でOK。

光熱費の節約になるし、無駄に吹きこぼれないので楽ちんです。

水戻しパスタ

ちなみに、「乾燥パスタを水に1時間浸しておくと食べられる」みたいな水戻しパスタのレシピが出回っていたりしますが、そのまま食べるとお腹を壊します。

水で戻すと柔らかくはなりますが、加熱をしないとアルファ化しないので、消化できません。

水で戻した後に、具材とケチャップと一緒にフライパンで炒めてナポリタンにするなど、加熱の工程を経れば食べてもOKです。

たまに水戻し専用のパスタが売られていますが、あれはアルファ化後のパスタを特殊な技術で水分だけ飛ばしています。
その場合は、水に浸してやればアルファ化後の生めんの状態に戻るので、加熱なしで食べてもOKです。

このページは移転しました。